比べでみよう!横浜の注文住宅メーカー大集合!

ホーム > 横浜の注文住宅情報 > 注文住宅はどれくらいで住める?

注文住宅はどれくらいで住める?

注文住宅を建築するとき、その流れは業者選びから始まります。業者を選ばないことには住宅が出来上がりませんので、業者選びは重要です。
この時にどのような住宅にするのかをある程度決めておくことが大事です。住宅にもさまざまな種類がありますのでそれが明確でないと業者を選ぶことができません。業者を選んだら見積もりをお願いします。見積もりは一つの業者だけに頼むのではなく複数の業者にお願いした方が比較ができて費用が分かりやすいです。一つの業者だけだと高いのか安いのかよくわからないからです。もしその業者が相場よりもはるかに高い金額で提示をしていたとしたらどうでしょうか。
そのように考えると、住宅のように価値がはっきりとわからないものに対しては業者の比較が重要です。

業者選びができたら、実際に住宅を建築していくことになりますが、まずは地鎮祭を行う必要があります。
地鎮祭というのはその土地に住宅を建築する場合土地の神様に安全に家を建てることができることをお願いすることが目的です。家を建てている時に事故などがあってはやはり不吉ではないでしょうか。そのため多くの人は地鎮祭を行うようにしています。
建築では基礎から作り上げてきますが、完成するまでの期間はおよそ 2カ月から4カ月ぐらいです。なぜこのように開きがあるかといえば、すでに商品パックとしてある程度出来上がっている住宅を建てるのか、それとも何もないとこから設計図を作って建てるのかではかかる時間が異なるからです。
ハウスメーカーの場合はある程度商品のパックができあがっていますので短い期間で建築をすることが可能です。これに対して工務店などにお願いする場合は、ハウスメーカーに比べると時間がかかってしまいます。ただし工務店の場合であれば要望に対して柔軟に対応してくれるため細かい要望をかなえて欲しいときには工務店を選んでもよいでしょう。

住宅が完成したら外溝工事を行います。ある程度住宅ができてくると外構を工事し始めることが多いです。
工事の内容は、入り口から玄関までコンクリートを敷き詰めたりめることが多くなります。また、緑を残したい人は芝生などを植えていきます。駐車場には雨や雪などをよけるためにカーポートをつくる人も珍しくありません。これらが終了し、住宅は完成になります。住宅が出来上がったら最終的に業者がチェックをします。
この時に家主も同行することが多くなります。希望通りでないところは希望通りに直していきますので、気になるところがあれば積極的に声をかける必要があります。

ページトップへ